寿命が早いシステムエンジニアの将来設計

システム開発の現場は世界的なレベルで競争が激しいことから、体力と技術力のバランスが要求される傾向が強い。そのため、若さと経験とのバランスがとれた30歳前後の人材が最も重宝され、年齢を重ねると段々と現場から退かざるを得ない状況が生まれてくるのが一般的である。このため、システムエンジニアとして働き続けることは困難な場合が多いことから、将来設計を早期に行っておくことが重要になる。

35歳程度が最前線のシステム開発に携われる定年だと考えると新卒で入社してから10年ほどは働けるということになる。この間に最前線から離れた際に何を仕事にして生きていくのかということを考え、必要な準備をしていくことが大切となる。最初の数年間は仕事に慣れて行くことに忙しくて余裕がないことも多いが、慣れるにつれて余暇を持てるようになることが多い。それを仕事に費やすのではなく、将来に就きたい職業に必要なスキルアップのための勉強の時間として利用することが良い方法となる。

一般的なキャリアパスとしてIT業界に残ることが多い。その場合には管理能力を身につけてプロジェクトリーダーとして働いていく道と、エンジニアとしての専門性を高めてスペシャリストとなる道とが一般的である。また、IT系の企業ではなく一般的な企業においても需要が高い時代となってきている。そのため、その先々で必要とされる能力を身につけることで将来設計をしていくこともできる。