仕事に向上心があるならシステムエンジニア

システムエンジニアは仕事に対し、出世意欲や向上心がある人には向いている職種と言える。その人の能力が認められれば認められるほど、年齢やスキルに関係なく、収入アップやチームのリーダーに抜擢されるチャンスが多くなるからである。

システムエンジニアとしての能力は、通常の業務をこなしているだけでは磨くことは出来ない。業務以外の時間に勉強をする必要があるのがこの業界の常だ。システム業界は絶えず新しい言葉が生まれ、新しい言語や新しい機種が開発される目まぐるしさがある。この業界でトップを走るシステムエンジニアとなるには、常に最新の学習をしなくては時代についていけなくなるのである。

学習方法としては本を買ってきて独学をするのも1つの方法だが、セミナーなどに定期的に参加するように心がけるのもいい方法である。また、各種のコンピューター関連の資格を取るのも、目標が定まっていい刺激となるであろう。最近は様々なコンピューター資格があり、それらを1つ1つ取得することで会社での評価も高くなってくるはずである。また、各種SEが集まる勉強会なども開催されることもあり、ネットなどで募集を呼びかけていることもあるので、小まめにネットをチェックしておくと良い。勉強会以外でも同じ業界人が集まる飲み会にも積極的に参加すると良い。このようなお酒の場でも最新情報などを得ることがあるので、コンピューター業界の時代の波に乗り遅れずにすむのである。